祝!小惑星「庵野秀明」が誕生しました。

庵野監督の素晴らしい活躍を記念して、発見者の中村彰正(久万高原天体観測館)により命名されました。この2人は宇部高校、地学部・天文班で、当時から星や8ミリ映画の制作で活躍していました。そのような縁により、今回誕生したのです。


小惑星「庵野秀明」命名文

(9081) Hideakianno = 1994 VY
 Discovered 1994 Nov. 3 by A. Nakamura at Kuma Kogen.
 Named in honor of Hideaki Anno (b. 1960), Japanese animator and director, born in Ube City, Yamaguchi Prefecture. Since 1981, he has contributed to the production of several highly successful works of animation.


小惑星「庵野秀明」画像(98年7月2日撮影)

anno.gif

画像中央で左右に動いているのが小惑星「庵野秀明」。
時間をおいて撮影した画像を交互に表示すると、小惑星は移動するので発見できます。


庵野監督より

どうもありがとう。
そのうち、また・・・・・
今年は遊びに行けると思います。

★観測館スタッフ一同、お待ちしています。これからもますますのご活躍を応援しています。


大阪教育大学天文学教室 福江 純 先生より

久万高原天体観測館のみなさま
福江 純@大阪教育大学です
小惑星「庵野秀明」誕生おめでとうございます。
またまた<宇部パワー>炸裂の快挙ですね。
昨年6月の施設の会ではとても楽しませていただきましたが、
相変わらず、“アクティブハート”で活躍しておられるようで。

庵野監督には、まだお会いしたことはないですが、
施設の会でいただいたサインは、
手塚治虫のサインとともに家宝になりました。
庵野/ガイナックスのアニメは大好きで、
あちこちで使わせてもらっています。
#施設の会でも使わせてもらいましたが
最近もまた『トップをねらえ!』ネタで、呑み代を稼がせてもらいました。
『サイアス』の4月号の映画のコラムなので、またご覧ください。
#3月号にも、小惑星に関係した『アルマゲドン』ネタで書きました
『サイアス』は堅いイメージだったので、アニメはダメかなと思っていたら、
編集者の方がアニメというより『トップ』大好き人間で、ぜんぜんOKでした。

また庵野/ガイナックスの宇宙モノのアニメがみたいですね。
#すごくみたい
#ゲームでもいい(^^;

これからも<宇部パワー>で頑張っていかれることを祈っています。
ではまた

★ありがとうございました。福江先生は天文学者の中ではSF, アニメの第一人者です。その著書の中で庵野監督作品に出てくる多くのハイテク機器の物理学的、天文学的解説をされています。昨年は久万でポジトロンライフル、ブラックホール爆弾の話をしていただきました。先生も宇部高OBということで、お知り合いのきっかけになりました。


小惑星「庵野秀明」誕生秘話

その1.幸運に恵まれた
 日本には小惑星を探す「小惑星ハンター」が多く、小惑星発見大国でもあるのです。したがって誰かが発見した小惑星に「庵野秀明」を命名される可能性もありました。しかし幸運にも誰も申請していなかったのです。したがって誕生するまで冷や汗ものでした。

その2.発見が94年なのに命名は99年。どうして時間がかかるの
 発見から命名までに手順があります。ある夜に発見してもすぐに命名できません。最低3夜の観測が必要です。その後毎年観測をして、小惑星の軌道を確定していきます。多くの観測により、軌道が精密に確定した時点で、初めて命名することができます。命名した時点で本当の発見となります。「庵野秀明」の場合は4年の歳月がかかりました。
 運の良いときは、他の観測者が偶然観測してくれて軌道の精度が上がったり、昔の画像データから同一天体が見つかって一気に精度が上がることもあります。早い場合1年以内に命名することができる場合もあります。

その3.なぜ「Anno」ではなく「Hideakianno」なの
 小惑星の命名にはルールがあります。長い名前、政治家、紛らわしい名前等は付けられません。今回の場合は「Anna」が既に存在していたのです。紛らわしい名前になるのでフルネームになりました。一応「Anno」で申請はしました。

その4.だれが名前を世界に公表するの
 国際天文学連合・小天体命名委員会が申請文を検討して公表します。申請文にはもっと詳しく作品や活躍について記述していたのですが、残念ながら削除されシンプルな命名文になりました。

その5.始まりは98年3月15日
 その日は友人の濱田氏の結婚式がありました。本当に久しぶりに皆が宇部に集まったのです。披露宴の席で「中村が発見した小惑星に庵野って名前を付けてえーえ?」「あー、えーよ!」の一言で始まりました。命名する場合許可を得ることにしていますが、場合によっては命名を拒否されるケースもあります。結婚式がなかったら、まだ誕生しなかったかも?

その6.望遠鏡で見えるの?
 残念ながら眼視で見ることはできません。冷却CCDカメラという特殊なカメラを望遠鏡に取り付けて撮影します(冷却CCDカメラは非常に高感度、露出は2分程度)。このようなカメラのおかげで発見できたのです。ところで小惑星「庵野秀明」は世界でただ1人、発見者である中村しか観測していません。通常はいろいろな観測所でも観測されるのですが、巧みに世界の観測網をくぐり抜けていたのです。(したがって命名までに時間がかかったのです)


軌道要素
(9081)   Hideakianno
     Discovered 1994 Nov. 3 by A. Nakamura at Kuma Kogen.
Epoch 1998 July 6.0 TT = JDT 2451000.5                  Williams
M  92.29896              (2000.0)            P               Q
n   0.19274985     Peri.  291.91520     -0.97937160     +0.13671878
a   2.9680646      Node   256.19043     -0.07521901     -0.93009893
e   0.0296304      Incl.    8.81367     -0.18754563     -0.34091634
P   5.11           H   14.3           G   0.15           U   1


小惑星「庵野秀明」の軌道図

京都コンピュータ学院・作花校長先生が早々に軌道図を送ってくださいました。
ありがとうございました。(校長先生も宇部高OBです)

図は2月23日の位置ですが、地球から見るとちょうど太陽方向にあります。

annokidou.gif


他の小惑星たち

当館の発見した小惑星たちもご覧下さい。


庵野監督作品については、ガイナックスホームページをご参照下さい。